ニュース

令和の天皇陛下御即位を記念し貨幣が発行!購入方法は?

投稿日:2019年6月3日 更新日:

財務省から天皇陛下御即位記念として一万円金貨幣五百円バイカラー・クラッド貨幣が発行される事が発表されました。元号が令和となり、色々なものに初とつけられる事が多いですが、御即位を記念した貨幣は令和で最初で最後の貨幣なります。発行される貨幣はどのようなものか、また値段や、購入方法について調べてみました。

スポンサーリンク

天皇陛下御即位記念貨幣の概要

「一万円金貨幣」は素材は金(純金)でできており、量目は20グラム、直径は28ミリメートルとなり、特徴として斜めのギザ等が入っている貨幣です。発行枚数は5万枚となり、金貨単体の販売価格は税込みで140,555円です。

一万円金貨幣は、素材に純金が使用されていること、また特殊な技術を用いて製造されることから、貨幣の製造等に要する費用が額面価格を上回る、プレミアム型の記念貨幣となっています。

貨幣の図柄は 表面:鳳凰と瑞雲(ほうおうとずいうん)、裏面:菊花紋章と梓とハマナス(きっかもんしょうとあずさとはまなす) です。おめでたいイメージを感じるデザインです。

「五百円バイカラー・クラッド貨幣」は素材はニッケル黄銅、白銅及び銅でできており、量目は7.1グラム、直径は26.5ミリメートルとなり、特徴として異形斜めギザ等が入っている貨幣です。発行枚数は500万枚となり、販売価格は額面の税込みで500円となります。

貨幣の図柄は表面:高御座(たかみくら)、裏面:菊花紋章と梓とハマナス(きっかもんしょうとあずさとはまなす)となります。高御座は日本の天皇の玉座となり即位の礼で使われるものです。御即位に相応しい図柄ではないでしょうか。

 

一万円金貨幣は発行枚数が5万枚となります。前回、天皇陛下御在位30年記念の貨幣の時もとても人気が高く入手が難しい面がありました。今回の御即位記念貨幣も令和を記念する貨幣となるため同様の状況となる事が予想されます。

五百円バイカラー・クラッド貨幣は額面金額と同じ500円となり発行枚数も500万枚となるため入手は一万円金貨幣よりも容易ですが、天皇陛下御座位30年記念の時は、入手枚数の制限があった事からこちらも同様の状況となる事が予想されます。

金貨販売の内訳

一万円金貨幣は金貨単体としての販売が2万個となり販売価格は税込み140,555円となります。

2点セットとして一万円金貨幣と五百円バイカラー・クラッド貨幣がセットになったものが3万個となり販売価格は税込み142,593円となります。

購入方法について

一万円金貨幣と五百円バイカラー・クラッド貨幣の販売方法については下記のとおりです。

一万円金貨幣の販売方法

一万円金貨幣と2点セットは独立行政法人造幣局から通信販売で行われます。

申し込み方法等については令和元年7月10日(水)17時に造幣局にて公表が予定されています。

現在公開されている情報からは令和元年7月11日(木)から3週間程度申込受付を行い、令和元年10月以降の商品発送を予定しているようです。

詳細については発表以降に、ウェブサイトまたは造幣局ハローダイヤルで問い合わせを受け付けが行われます。

天皇陛下御在位30年記念では金貨単体セットの当選倍率が18.4倍、金貨とバイカラー・クラッド貨幣のセットが15.4倍となり倍率がやや高い状況でした。今回も令和を記念する貨幣となる事から抽選となる可能性が高い事が予想されます。

入手を予定されている方は公表後、早めにチェックをしましょう。

申し込み受付は令和元年7月11日(木)から7月31日(水)までの期間に行われました。
当選された方には令和元年10月上旬頃から払込用紙が順次発送されます。

五百円バイカラー・クラッド貨幣の販売方法

五百円バイカラー・クラッド貨幣は原則金融機関での窓口にて額面価格による引き換えが行われます。具体的な引換要領は令和元年9月頃財務省から発表予定となっています。

9月20日に財務省から引換えに関する発表がありました。

引換開始日は令和元年10月18日(金)からとなります。

引換取扱い機関は銀行(ゆうちょ銀行及び外国銀行在日支店を含む。)、信用金庫、信用組合、労働金庫、農林中央金庫、農業協同組合、信用農業協同組合連合会、漁業協同組合、信用漁業協同組合連合会です。各引換取扱い機関の引換枚数及び引換開始時間については、各店舗の店頭に令和元年10月10日(木)から掲示される予定です。

引換取扱機関は財務省のページで確認ができます。

引換枚数は引換開始日は1人につき2枚以内です。引換開始日の状況により、更に制限される場合や、引換開始日の翌日以降も状況により制限される事があるため注意しましょう。

まとめ

天皇陛下御即位記念として販売される一万円金貨幣と五百円バイカラー・クラッド貨幣について、値段や購入方法を調べてみました。

発行枚数などは天皇陛下御在位30年記念で発行された貨幣と枚数は同じとなり一万円金貨幣は単体販売と2点セットをあわせて5万枚の発行、五百円バイカラー・クラッド貨幣は500万枚の発行です。

一万円金貨幣は抽選が終わりましたので応募された方は心待ちにしたいところです。五百円バイカラー・クラッド貨幣は10月18日より引換可能となっていますので、入手を考えている方は最寄りの金融機関での取り扱いについて早めにチェックしましょう。

出典:財務省ウェブサイト
出典:天皇陛下御即位記念一万円金貨幣の図柄天皇陛下御即位記念五百円バイカラー・クラッド貨幣の図柄 を元に作成

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-ニュース
-, ,


  1. 納得いかん より:

    1万円貨幣が記念で価格が高いのは、わかるが、500円の貨幣が額面でうられるのは、なぜですか?

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

jisabiz

時差Bizとは何か?東京都が取り組む目的やその内容に迫る

東京都が昨年より取り組みを行っている「時差Biz」をご存知でしょうか。時差Bizとは、通勤ラッシュ回避のために通勤時間をずらす働き方改革のひとつと位置づけられています。「朝が変われば毎日が変わる」をキ …

ムンク展の開催期間や場所、観覧料のまとめ

2018年、世界で最も知られている名画の一つの「叫び」を描いたエドヴァルド・ムンクのムンク展が開催されます。 「叫び」は複数描かれていますが、ムンク美術館所蔵の油彩・テンペラ画のものは今回が初来日とな …

スペースインベーダールームが大阪梅田に期間限定登場!内容や料金は

スペースインベーダーというゲームをご存知でしょうか。スペースインベーダーは株式会社タイトーが1978年に発売し世界的なブームを巻き起こしたアーケードゲームです。今年は、スペースインベーダー誕生40周年 …

macdonald

マックのコンビのドリンクがサイズアップ無料になるキャンペーン開始

先日、時差Bizとは何か?についてお伝えしましたが、時差Bizを支援するJR東日本の「夏の早起き応援キャンペーン」のサポートとして、マクドナルドがコンビのドリンクのサイズアップを無料にすることが分かり …

富士急ハイランドが入園料を無料にする理由の考察

絶叫系アトラクションで有名な遊園地「富士急ハイランド」が7月14日より入園料を無料にすることを発表しました。普通に考えると入園料を無料にすることで収入が減少してしまう事が考えられますが、その理由はどの …

当サイトを運営しておりますロインと申します。このサイトでは、色々な役立つ情報を分かりやすくお伝えしていきたいと考えております。

何卒よろしくお願いいたします。